So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

<皇太子さま>雅子さまは「着実に快復へ」50歳会見(3)(毎日新聞)

 問3 皇太子妃雅子さまが、病気療養に入られてから今年で7年目となります。昨年は天皇、皇后両陛下のご結婚50年、ご即位20年をお祝いするさまざまな行事に出席され、先月には阪神・淡路大震災の追悼式典参列のため、2年ぶりに泊まりがけの地方公務に臨まれました。先日、発表された東宮職医師団の見解では、妃殿下にとって、ライフワークにつながる活動を見つける時間を十分にとることや、今後のご活動の適正な配分について慎重に検討するよう求めています。また、私的な海外訪問の検討が必要だとも記されていますが、殿下はこれらの指摘に対し、どのようにお考えでしょうか。現在の妃殿下のご様子も含めてお聞かせください。

 皇太子さま 雅子の病状については、先日発表の東宮職医師団の見解に述べられている通り、5年半前の治療開始のころに比べて着実に快復に向かっており、温かく見守ってくださっている天皇、皇后両陛下、そして多くの国民の皆様に感謝しております。また、私も間近で見ていて、雅子の一生懸命努力している様子や、良くなってきている様子がよく分かります。しかし、そうはいっても、まだ治療を必要とする状況であることには変わりありませんので、私としてはお医者様の指摘を踏まえながら、さらなる快復に向けて支えて行くつもりです。

 ライフワークにつながる活動を見つけるのは簡単なことではないと思いますので、焦ることなく、時間をかけて見つけていってほしいと思っています。そのためには、本人が余裕が感じられるような環境が大切で、そうした環境づくりに私もできるだけ協力していきたいと考えております。外国訪問については、今回の医師団の見解を踏まえて、どのような機会があり得るのか、周囲の人たちとも相談しながら、雅子とともに考えていきたいと思っています。

高校生就職内定率74・8%、下落幅は過去最悪(読売新聞)
普天間移設に本腰、官房長官が水面下調整(読売新聞)
夜間・休日の急病、「救急車を呼ぶ」が半数近く(医療介護CBニュース)
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分(産経新聞)
首相がトップセールス、ベトナムに原発売り込み(産経新聞)

直接支払い、先送り検討=出産一時金で−長妻厚労相(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は19日の閣議後記者会見で、妊婦への「出産育児一時金」を公的医療保険から医療機関に直接支払う新制度の4月実施について「猶予期間を延ばすか延ばさないかを含めた検討に入っている」と述べ、さらに先送りする可能性を示した。同制度は当初、昨年10月に導入する予定だったが、医療機関への支払いが出産後にずれ込むことによる医療機関の資金繰り悪化が懸念されたため、半年間猶予されていた。 

【関連ニュース
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

高校生就職内定率74・8%、下落幅は過去最悪(読売新聞)
五輪ジャンプ 個人メダルは遠く…葛西、団体戦にかける(毎日新聞)
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め(産経新聞)
殺人容疑で48歳男逮捕=自宅焼け跡、女性遺体事件−宮城県警(時事通信)
長妻氏は安全派、原口氏は積極派…年金運用で対立(読売新聞)

女性62歳、自宅で死亡…首絞められ殺害か(読売新聞)

 24日午後10時頃、神奈川相模原市相模大野、マンション5階503号室の高田幹夫さん(64)方で、妻の江美子さん(62)が死亡しているのを帰宅した娘(37)が見つけ、110番した。

 相模原南署の発表では、江美子さんは居間でタオルケットがかかって倒れており、首に絞められたような跡があった。同署は、殺害された可能性があるとみて捜査を始めた。

<小沢幹事長>「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見(毎日新聞)
<愛知学院大>野球部コーチが選手に暴力 職務停止処分に(毎日新聞)
同僚の妻の交通違反もみけす 警部ら8人書類送検 警視庁(産経新聞)
<児童福祉法>親権制限導入見据え、改正作業着手へ(毎日新聞)
<雑記帳>エゾシカ、列車に追われてトンネルに(毎日新聞)

強盗に「包丁置きなさい」 コンビニ店員一喝 吹田、容疑の女逮捕(産経新聞)

 22日午前3時50分ごろ、大阪府吹田市内本町のコンビニエンスストアサンクス吹田内本町店」で、客を装った女がレジの男性店員(21)に包丁を突きつけ「お金ください」と脅した。異変に気づいた別の男性店員(19)が「包丁を置きなさい」と一喝。女が包丁をカウンターに置いたため、そのまま取り押さえ、警備会社の通報で駆けつけた吹田署員に引き渡し、同署が強盗未遂の現行犯で逮捕した。

 店内に客はおらず、けが人はなかった。逮捕されたのは市内に住む無職の女(41)で「子供にご飯を食べさせたかった」などと供述しているという。

【関連記事】
「ふざけるな!」コンビニ店員に一喝され逃走 強盗未遂容疑で男逮捕
入れ墨彫り師宅で強盗ビックリ逮捕 女性施術中、一喝され
女性店長一喝!とほほコンビニ強盗自ら通報
玉砕“交番強盗”…成功するわけないでしょ
「私が店員の身代わりに」女性経営者、ラーメン店強盗に一喝

久保が勝ち3勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
五輪ジャンプ 個人メダルは遠く…葛西、団体戦にかける(毎日新聞)
政府・民主党、各省政策会議の見直し協議へ(産経新聞)
小沢氏“宿敵”と決戦 参院・島根に著名人擁立 「青木氏、役割終わった」(産経新聞)
押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)

<忘れ物>列車に実弾入り拳銃、巡査部長を処分 鹿児島県警(毎日新聞)

 鹿児島県警は22日、特急列車の車内に実弾入りの拳銃を置き忘れた鉄道警察隊所属の巡査部長(46)を、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 処分理由は、09年12月4日午後2時過ぎ、JR鹿児島中央発宮崎行き特急「きりしま8号」で乗車警ら中、宮崎駅のトイレに行こうとしてウエストポーチに拳銃(実弾5発入り)を移し替えた際、車内の床に置き忘れた。さらに、紛失に気付いてから約40分間報告しなかった、としている。拳銃は車内清掃員が見つけ、通報を受けた宮崎県警が駅に捜査員を出す騒ぎになった。

 また、監督責任で地域課長を本部長訓戒、地域課理事官を本部長注意、鉄道警察隊長を所属長注意とした。再発防止策で、鉄道警察隊にポーチの使用禁止と警察施設のトイレを原則使うよう指導したという。【川島紘一】

【関連ニュース
交通違反:同僚妻見逃し 署課長ら8人送検 2人は停職
盗撮容疑:警視庁の巡査長を書類送検
容疑者に便宜:たばこや自宅立ち寄り 神奈川県警が懲戒
警部自殺:「パワハラが原因」遺族が提訴 横浜地裁
強制わいせつ容疑:警部を逮捕 08年にも処分 福岡県警

つくばエクスプレス、架線トラブルで不通に(読売新聞)
<郵便不正>村木元局長の指示否定、上村被告前任の元係長(毎日新聞)
<首都圏・雪>東海道新幹線、一時減速 上下55本に遅れ(毎日新聞)
千葉の光洋会が民事再生手続き開始決定(医療介護CBニュース)
国母、4年後も「俺が出る」…「色々あったけど」(読売新聞)

<千葉大生殺害>現場を複数回下見 「入りやすそうだ」(毎日新聞)

 千葉県松戸市のマンションで09年10月、千葉大4年の荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、17日に強盗殺人などの疑いで県警松戸署捜査本部に再逮捕された竪山辰美容疑者(48)が、刑務所から出所した直後の同9月から盗みの目的で忍び込む家を物色していたとの趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。荻野さん方についても「事件前に周辺を複数回、下見した」「入りやすそうだと思った」などと供述しているという。

 捜査関係者によると、竪山容疑者は09年9月に刑務所を出所後、東京都荒川区のサウナに連泊。仕事を探していた形跡はなく、宿泊代や飲食費のため以前住んでいて土地勘のある千葉県内まで電車で移動、侵入しやすい家を物色していた。松戸市の事件現場周辺はかなり歩き回っていたようだという。

 荻野さんの部屋は2階にあり、日中に侵入すると人目につきやすいため、竪山容疑者は同10月20日夜にベランダから侵入。「入ってから、女性が住んでいると分かった」などと供述しているという。そのまま室内に泊まり、翌日帰宅した荻野さんを襲ったとみられる。「マンションに火をつけ、住んでいる方にも申し訳なかった」などとも供述しているという。【神足俊輔、中川聡子、黒川晋史】

【関連ニュース
千葉大生殺害:逮捕もっと早ければ… 知人ら悔しさ訴え
千葉大生殺害:「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認
松戸女子大生殺害:竪山容疑者を強盗殺人容疑などで再逮捕
松戸女子大生殺害:竪山容疑者を強盗殺容疑などで再逮捕へ
千葉大生殺害:窃盗容疑で男再逮捕、カードで現金引き出す

<いすゞ>4車種リコール いずれも圧縮天然ガス車(毎日新聞)
ワサビの辛みで老化防止? =健康食品などに応用期待−中部大(時事通信)
「今後も骨太の言論を」 正論新風賞 遠藤浩一・拓殖大大学院教授(産経新聞)
野口飛行士 宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録(毎日新聞)
大阪・鶴見のビデオ店に強盗(産経新聞)

未明の西武新宿線踏切事故、高校入試も遅らせる(読売新聞)

 16日午前3時30分頃、埼玉川越市南台の西武新宿線南大塚―新狭山駅間の踏切で、資材運搬のため下り線を走行していた作業用車両と4トントラックが衝突した。

 作業用車両は脱線し、トラックも横転。作業用車両の男性運転士(28)とトラックの男性運転手(32)がともに手などに軽傷を負った。

 川越署の発表によると、トラックが下りていた遮断機を破壊して踏切に入ったという。同署は、道交法違反容疑で運転手から事情を聞いている。

 西武鉄道によると、この事故で、同線の上下線がともに狭山市―本川越駅間で始発から約5時間半後の午前10時30分頃まで運転を見合わせるなどし、約3万4000人に影響が出た。埼玉県では同日午前から公立高校前期入学試験が始まっており、一部高校は試験開始を最大50分遅らせた。

国民新党、シュワブ陸上部への移設提案へ(読売新聞)
「普天間」緊密に連携を=沖縄知事と初会談−稲嶺名護市長(時事通信)
あす男子フィギュア 関大コンビに「金」期待(産経新聞)
クレディ・スイス証券社員ら100人 20億円申告漏れ ストックオプションめぐり(産経新聞)
医師の指示で高度医療、「特定看護師」導入へ(読売新聞)

企業献金禁止めぐり与野党協議機関=鳩山首相、設置に前向き−党首討論(時事通信)

公務員法、閣議決定見送り 降格規定巡り原口総務相が異論 支持率低迷で首相が政治主導アピール?(産経新聞)

 政府は、12日の閣議で予定していた国家公務員法改正案の決定を先送りした。事務次官・局長級から部長級への降格を可能にする特例規定について、一部の閣僚から実効性に疑問が投げかけられたためだ。鳩山由紀夫首相は同日の閣僚懇談会で「きちっと(降格が可能と)明確になるようにしたい」と述べ、公務員制度改革を所管する仙谷由人国家戦略担当相らに再調整を指示したが、法案は9日の内閣府政策会議でいったん了承されており、政権の調整力不足を露呈した。

 改正案は、事務次官について「(局長級と)同一の職制上の段階に属するとみなす」とし、局長級への異動を柔軟に行えるよう規定。さらに次官・局長級でも勤務実績が劣るなどの要件に該当する場合は「意に反して降任を行うことができる」として、部長級への降格が可能となっていた。

 ところが、原口一博総務相は「降格人事をすると言いながらも、本当にできる条文になっているのか」と見直しを主張し、首相らもこの訴えを認めた。

 ただ、法案自体は各省協議や内閣法制局の審査を終え、12日午前に国家公務員制度改革推進本部を開催し最終決定を待つばかりだっただけに、「閣議決定の突然の延期は道理に合わない」(総務省幹部)との不満も広がっている。

 「国会で『政治とカネ』の問題で守勢に立たされている首相が、降格人事を簡単にできる仕組みを作り『脱官僚依存』をアピールしたいのでは」(同本部関係者)との見方も出ている。

【関連記事】
【鳩山ぶら下がり】公邸改修「和室を洋風の寝室に…」
国家公務員法改正案を閣議決定へ
国家公務員法改正案を12日に閣議決定へ 内閣官房に人事局
内閣人事局長に松井副長官起用へ
「事務次官から局長に降格も」国家公務員法改正で鳩山首相

<鴻巣市移動支局>開設 「びっくりひな祭り」に合わせ(毎日新聞)
<鳥取連続不審死>運転手遺体発見現場の海岸捜索(毎日新聞)
<平山郁夫さん>800人が参列、お別れの会 広島・生口島(毎日新聞)
旧軍人・軍属の遺骨219柱、韓国に返還へ(読売新聞)
マータイさん 原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も(毎日新聞)

民主の消費税議論「公約破綻を自白」谷垣氏批判(読売新聞)

 自民党の谷垣総裁は14日、神奈川箱根町で講演し、菅財務相が3月から消費税の議論を始める意向を表明したことについて、「(民主党の)マニフェスト(政権公約)の基本構造を維持できなくなったと自白しているに等しい」と批判した。

 谷垣氏は消費税率引き上げの議論は不可欠だとしつつ、「子ども手当などの財源は無駄を省けばすぐに出てくると言っていた。あれだけマニフェストと言った方が『無理だ』というのを、『そうですね』と言うわけにはいかない」と述べ、今後追及する構えを示した。

 また、トヨタ自動車のリコール問題で、ラフード米運輸長官が同社を厳しく批判していることについて、「オバマ大統領が『米国にとって日米関係は大事だ』という顔つきをしていたら、運輸長官があそこまで厳しく言ったかな、と思う」と述べ、鳩山政権下での日米関係悪化が影響しているとの見方を示した。

プリウス、リコールを届け出=ブレーキ不具合で22万台超−トヨタ(時事通信)
<救護被爆>厚労省が認定緩和 広島・長崎指針を全国通達へ(毎日新聞)
トヨタ急加速事故急増「死者34人」米安全局(読売新聞)
「(石川被告は)国会議員の職務に関連して責任を問われてはいない」(産経新聞)
首相の「カネ無心」聞かぬ、知らぬと邦夫氏(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。