So-net無料ブログ作成

消費増税、最速で12年秋=民主でまず改革案―玄葉政調会長(時事通信)

 民主党の玄葉光一郎政調会長は17日夕の記者会見で、菅直人首相が2010年度内に消費税改革案をまとめる考えを表明したことに関し、「仮に10年度内に超党派で合意したとしても、実際に実施されるのは最速で12年秋になる」との見通しを示した。
 また、玄葉氏は、消費税改革案策定に向け、参院選後に党内にプロジェクトチームを発足させる意向を表明。同チームで改革案をまとめた後、各党に協議を呼び掛けると説明した。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
消費増税、10年度中に具体案=10%は「一つの参考」
「早期の消費税協議」明記=財政再建と成長両立
消費税は当面10%に=社会保障目的を明記

皇居の「自然観察会」申し込み要領発表(産経新聞)
阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に届く(産経新聞)
辞職は国会閉幕後=小林議員(時事通信)
消費税「自民案の10%を一つの参考に」−菅首相、民主マニフェスト発表会で(医療介護CBニュース)
ボーナス使い道、貯金21万円が最多 買い物予算は7・7万円(産経新聞)

新政権人事「適材適所で」=普天間、日米合意踏まえる―菅新首相(時事通信)

 菅直人新首相は4日夕の記者会見で、党役員人事や組閣について「官邸、内閣の一体性、党の全員参加を念頭にしっかりした体制をつくりたい。そのために多少の時間をいただきたい」と述べた。小沢グループの扱いについては「選挙が終わればノーサイドだ。適材適所でいろんな意見を聞いて(人事を)進めたい」と強調した。
 また、新首相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「(移設先を沖縄県名護市辺野古とした)日米間の合意を踏まえ、沖縄の負担軽減を重視し、しっかり腰を据えて取り組みたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

広島女児殺害事件結審…ヤギ被告、判決は7月(読売新聞)
歯の知覚過敏 原因の「酸蝕歯」食事で予防を(産経新聞)
<トキ放鳥>3回目は11月、15羽程度予定 (毎日新聞)
<中3トイレ監禁>昨秋から登校せず 学校「不登校と判断、虐待見抜けず」(毎日新聞)
<鳩山首相>続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。